いいね  
シェア  

聖なるものとつながる

世界の宗教は本当にみな同じなのでしょうか?ヒンズー教、仏教、イスラム教、キリスト教、そしてニューエイジを見てみましょう。

マリリン・アダムソン

私たちはだれでも自分の人生がある程度の成功を収め、充実したものとなるようにと願っています。そして、もし人生を満たされたもの、意味あるものとする術を知っている人がいるなら、チェックする価値があるのではないでしょうか。たとえば、世界の宗教について調べてみてはいかがでしょうか。それらの中に私たちの人生に安定と価値を与えるものが何かあるのではないでしょうか。

世界の主な信仰体系、たとえば、ヒンズー教、ニューエイジ、仏教、イスラム教、そしてキリスト教について見てみましょう。*各々の簡単な概略、特徴、そこから人が得ることのできるものについて見ていきましょう。そして、世界の宗教とイエスの教えがどのように違うのか考えていただきたいと思います。

*これらの信仰体系の信条はそれぞれ違います。ここに書かれている記述は、その信条の中心点となるものです。ユダヤ教など、ほかの主要な宗教についても討論する価値はありますが、ここでは上記のものに限らせていただきます。

ヒンズー教

-ほとんどのヒンズー教徒は、無限の神々や女神を通して現わされている、究極的にはひとつの存在であるバラモンを礼拝しています。これらの様々な神々、女神は偶像、寺院、グル、川、動物などに宿ると考えられています。

ヒンズー教徒は、自分の現在の立場は前世の行ないによるものであると考えています。前世の彼らの振る舞いが悪であるなら、この地上の人生は苦難に満ちたものであると考えるのです。ヒンズー教徒の目標はカルマの法則から自由にされること、輪廻から解放されることです。

このカルマのサイクルを終わらせるために3つの方法があります:1.ヒンズー教の神々や女神のいずれかに献身すること 2.まわりの環境は現実ではない、自我は幻想に過ぎず、バラモンだけが現実のものであると理解してバラモンについて黙想し、その知識を深めること 3.いろいろな宗教的な儀式や典礼をしっかり守ること

ヒンズー教では、霊的な完成を目指す方法について人は自由に選択することができます。また、この世界における苦難と悪の存在についての理由づけを持っています。ヒンズー教によると、苦難は、それが病いであろうと、餓えであろうと、災害であろうと、人間の悪行に起因するものであり、通常それは前世での振舞いによるものであると考えます。そして、いつかその魂が生まれ変わりの周期から解放され、安息することができると考えられています。

ニューエイジ

-ニューエイジは人間の持つ力や人間の内にある神性を発達させようとするものです。ニューエイジを信じている人たちは、宇宙を造られ、私たちに個人的に関わってくださる神について語ることはしません。彼らにとっての神とは、彼ら自身の内なるものを見つめる中に現わされるものなのです。ですから、ニューエイジの信者は、彼ら自身を神や宇宙だと考えます。彼らの見るもの、聞くもの、感じるもの、想像するものすべては神的なものとされるのです。

ニューエイジは古代の霊的な伝統をあれこれ取り入れ、多様性に満ちています。たとえば、ヒンズー教のように多くの神々や女神を認めていますし、地球を霊性の源と捉え、彼ら独自の知性、感情、神観を持っています。けれども、最終的にすべてのものに取って代わるものは自我です。自我が創始者、支配者、そしてすべての神なのです。人が決定する以外の中に現実はないと考えます。

ニューエイジは、意識の変革、個人の神性を究めていくために呼吸法や詠唱、太鼓叩き、黙想など、東洋の神秘主義や霊的、形而的な心霊術を教えます。

人が経験する否定的なこと(失敗、悲しみ、怒り、自分中心性、傷)を幻想だと考えます。そして、それらのものは完全に彼らの人生を支配していると信じるので、彼らの人生は否定的で痛みの伴うものとなってしまいます。そして最終的に外的現実は存在しないと信じるようになっていきます。人が神となり、それぞれの現実を創造していくのです。

仏教

-仏教徒はどんな神も礼拝しません。仏教徒以外の人々は、仏教徒は仏陀を礼拝すると考えています。けれども、仏陀は神であると宣言されたことはありません。仏陀はむしろ仏教徒によって、彼らが何とか到達しようと目指しているところにすでに到達している人と捉えられています。それは霊的な啓発を与えるもので、生と死を繰り返すことから解放されることを意味します。多くの仏教徒は、人間は何度も生まれ変わりを繰り返し、同時に煩悩の中に置かれると信じています。仏教徒はこれらの生まれ変わりが終わることを求めています。そして、人間の執着や嫌悪感、惑わしがこれらの生まれ変わりの原因となると信じています。ですから、仏教徒の目指す目標は心をきよめ、肉欲や何かに執着することから解放されることです。

仏教徒はいろいろな宗教的な原則を遵守し、黙想に重きを置いています。仏教徒が黙想する時、神々に祈ったり、神々に焦点を合わせるのではありません。むしろ、自己鍛錬に近いものです。黙想をすることによって、人は肉の欲求に打ち勝ち、涅槃の境地に到達するのです。

仏教は世界の宗教の多くに共通するものを提供しています。それは、鍛錬、人間が生きていくために必要な価値観、方向性です。

イスラム教

-イスラム教徒は、アラーという人間を超越した唯一神を信じています。アラーは宇宙の創造主で、あらゆる善と悪の源と考えられています。そして、すべてのことはアラーのご意思によって起こると考えられています。アラーには力があり、また厳しい裁き主でもあります。良い行ないをし、宗教的な儀式を守る忠実な者にはあわれみ深くあります。アラーに従う者とアラーの関係は、アラーとアラーに仕える召使いのようなものです。

イスラム教徒は何人かの預言者をほめたたえています。マホメットは最後の預言者と考えられ、彼の言葉と生き方には権威があります。イスラム教徒になると5つの宗教的な義務を果たさなければなりません:1.アラーとマホメットについての信条を唱える 2.一日に5回、アラビア語で決まった祈りを唱える 3.貧しい者に施しをする 4.毎年、1か月間、日の出から日没まで、食べたり、飲んだり、性的に交わったり、タバコを吸うことを断つ 5.生涯に一度、メッカにある寺院で礼拝をするために巡礼をする。これらの義務を忠実に果たすことによって、死後、天国に入る希望を持つことができるのです。そうでない人は、永遠にさばきを受けて、地獄に落ちます。

多くの人々は、イスラム教は期待にどう応えるのかということが問われる宗教だと考えています。イスラム教の神は唯一であり、その神を礼拝するには良い行ないと宗教的な儀式をきちんと守ることであると教えています。そして、死後はどれだけ宗教的に献身していたかどうかによって報われるか、さばかれるかが決定されるのです。

キリスト教 -- イエス・キリストへの信仰

-クリスチャンは、この地上に人間の形を取ってご自身を現わし、個人的に関わってくださる愛なる神を信じています。イエス・キリストを信じる人は、宗教的な儀式や良い行ないをすることに焦点を当てるのではなく、神との関係を楽しみ、神をよりよく知ることに焦点を当てていくようになります。

イエス・キリストを信じるということは、単に教えを信じるということではなく、いかに喜びに満ちた経験をし、意味のある人生をおくるかということです。イエスはこの地上におられた時、ご自分を神の預言者や啓蒙運動の教師であるとは宣言されませんでした。 彼は人間の形をとった神であると宣言されたのです。彼は奇跡を行ない、人々の罪を赦し、彼を信じる者は永遠のいのちを持つと語られました。彼は「わたしは世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」(1)と言われました。

クリスチャンは、聖書は神が人類に与えられたメッセージであると考えています。イエスの生涯や奇跡の歴史的な記録以外に、聖書には神のご性質、愛、真理、そしてどのようにして神と関係を持つことができるかが書かれています。

クリスチャンは、どのような状況に置かれようとも、真心を持って愛してくださる知恵と力に満ちた神を信頼し、その神に向くことができます。クリスチャンは、神が祈りに答えてくださり、神をほめたたえるなら、人生は意味のあるものとなると信じています。

違いについて

これらの主な宗教の信条やそれぞれの神についての考え方を見てみると、そこには大きな違いのあることがわかります:

  • ヒンズー教徒は多数の神々、女神を受け入れています。
  • 仏教徒は神はいないと言います。
  • ニューエイジを信じる人たちは、彼らが神であると信じています。
  • イスラム教徒は神を力あるものと信じていますが、神を知ることはできないと考えて います。
  • クリスチャンは神は愛なるお方で、近づくことのできる方であると信じています。

これらの宗教は全部、同じ神を礼拝しているのでしょうか。このことについて考えてみましょう。ニューエイジは、すべての人は宇宙の中心に来なければならないと教えています。ですから、イスラム教には、彼らの神を捨てることを要求し、ヒンズー教には、彼らの無数の神を捨てるように、そして仏教には神を持つようにと要求しています。

世界の主要な宗教(ヒンズー教、ニューエイジ、仏教、イスラム教、イエス・キリストに従うこと)は、それぞれユニークです。これらのうちのひとつは、今のこの世界にご自身を知らしめ、個人的に関わろうとしてくださる愛なる神がおられることを教えています。キリストは、神は私たちを神との個人的な関係に招こうとしていると語っています。そしてその神は、私たちと共にいて、私たちを慰め、助言し、愛してくださっているのです。

ヒンズー教では、人は自分の力で、何とかカルマから逃れようとします。ニューエイジでは、人は自分で自分の神性を磨いていこうとします。仏教では、自分の欲求から解放されることが各人の求めることです。そしてイスラム教は、死後天国に入るために宗教的な規則に従うようにと教えています。イエスの教えは、個人的に関わってくださる神と個人的な関係を持つこと、その関係は次の世にも継続していくというものです。

人はこの地上で神と関わりを持つことができるか

答えはできます。神と関わりを持つだけではなく、神によって受け入れられ、愛されていることも知ることができます。

世界中の宗教の多くは、自分の力で一生懸命霊的な完成を目指すというものです。たとえば、仏陀は自分自身に罪がないとは宣言していません。マホメットも赦しを必要としていることを認めていました。「どれほど聡明で、才能があり、預言者やグル、教師のように影響力があっても、彼らは私たちと同じように不完全であると知っていました。」(2)

イエス・キリストは人の犯した罪をほのめかして、相手を脅かすことなど、決してありませんでした。反対に、人々の罪を赦し、私たちの罪をも赦したいと願っておられるのです。私たちは皆、自分のした失敗や、他の人たちから責められても仕方のない領域について知っています。たとえば、悪習慣、気難しい気質、不品行に陥ること、悪意を持ってしゃべってしまうことなどです。神は私たちを愛しておられますが、罪を憎まれます。そして、罪は神を知ることから離れさせてしまうと言っています。けれども、神は私たちの罪が赦され、神に覚えられる方法を提供してくださいました。神の御子であるイエスが人間の形を取って来てくださり、私たちの罪をその身に負ってくださったのです。そして、十字架にかかってくださり、喜んで私たちの代わりに死んでくださったのです。聖書にこう書かれています。「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」(3)

神はイエスの死によって、私たちに完全な赦しを与えてくださいました。それは、私たちのすべての罪、過去、現在だけではなく、今後将来犯す罪に対する赦しです。その神は宇宙を造られ、私たちを愛し、神との関わりの中に私たちを入れたいと願っておられる神です。「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。」(4)

キリストを通して、神は私たちを罪、罪責感から解放してくださいました。神は個人のした失敗を彼らの肩の上に置いて、明日は少しはましな人間になるというぼんやりした希望を与えられたのではありません。イエス・キリストによって、神は私たち人間に届いてくださり、私たちが神を知ることができる道を示してくださったのです。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(5)

神は私たちが神を知ることを願っておられる

私たちは神と関係を持って生きるようにと造られました。イエスは「わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも決して渇くことがありません。わたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。」(6)と語られました。 イエスは人々が彼の教えに従うように呼びかけられただけではなく、彼に従うように呼びかけられました。イエスは「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」(7)と言われました。ご自身を真理であると宣言されたことの意味は、単に真理について語っている預言者や教師を超えた存在であるということです。(8)

イエスはご自分を神と同等であることを現わされ、そのことを証明されました。イエスは十字架につけられ、死んでから3日ののち、よみがえると言われました。いつか将来、生まれ変わるとは言われませんでした。(実際そうなるかどうか、いったいだれが知ることができるでしょうか)彼は埋葬されてから3日後、彼が十字架につけられたのを目撃した人たちに生きた姿を現わすと語られました。そして、3日後、イエスの墓は空っぽになっているのが見つかり、多くの人々はイエスが再び生き返ったことを証ししました。彼は今、私たちに永遠のいのちを提供してくださっています。

交互で交わす方法による関係

多くの宗教は、人が霊的に努力することに焦点を当てています。イエス・キリストにあっては、あなたと神との間に交わされるコミュニケーションが大切なのです。神は私たちを神のところに行くように招いておられます。「主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに主は近くあられる。」(9) あなたは神とコミュニケーションを取ることができるのです。神はあなたの祈りに答え、平安と喜びを与え、導きを与えて、あなたに愛を示されます。そして、あなたの人生を変えてくださるのです。イエスは「わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」(10)と言われました。その意味は、人生は完璧で、問題のないものとなるということではありません。そうではなく、人生の只中にあって、あなたは神と関わることができ、その神はあなたの人生そのものに喜んで関わってくださり、忠実に愛を現わしてくださるという意味です。

これは、自己啓発や黙想、善行にいそしむことではありません。また、十戒を守ることに集中することでもありません。これらのものは霊性を深めていくために、はっきりと定義され、従いやすいようにうまくまとめられていますが、個人で完成を目指そうとすると重圧になってしまいます。また、こうするだけでは神との関係は希薄なままです。私たちが望むことは、規則や基準を守ることではなく、私たちのために犠牲を払ってくださった主を信じる信仰によって、私たちを受け入れてくださった救い主を知っていくことなのです。宗教的な努力や良い行ないによって、私たちは天国に行く権利を得るのではありません。天国はイエス・キリストとの関係を持とうとする人に、無償で与えられる天からの贈り物なのです。

あなたは自分の罪が赦されたいと思いませんか、あなたを愛してくださっている神を個人的に知りたいと思いませんか。

神との関係の始まり

あなたは、今から、神との関係を始めることができます。方法は簡単です。まず、心からあなたの罪が赦されるように神に願い、あなたの人生に神をお招きしてください。イエスは「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」(11) と言われました。あなたはあなたを造ってくださり、あなたを深く愛しておられる神との関係を築いていきたいと思いませんか。あなたが心からそう願うなら、今そうすることができます:「神様、私を赦してください。私はあなたを心の中にお迎えします。イエス様、私の罪のために死んでくださったことを感謝します。あなたが私の人生の中に入ってくださってありがとうございます。」

聖書には「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」(12) と書かれています。あなたが心から神にあなたの人生の中に入っていただくことを願うなら、あなたは神との個人的な関係に入ったのです。あなたは神に出会い、神はあなたが神をよりよく知るように、神の愛を深く知るように、また、何かを決定するときはいつでも知恵によってあなたを導きたいと願っておられます。聖書の中にある「ヨハネ」という箇所は、神との関係について学ぶために適切な箇所です。あなたがあなたの人生にイエスをお招きしたことを、他のだれかに話したいと思っておられるかもしれませんね。

世界に存在する宗教は、人にある教えや考え、道、儀式と関わるようにと教えています。 けれども、イエスとつながると、あなたは愛なる力ある神と関係を持つことができるようになるのです。あなたは神に話すことができ、神はあなたの人生を今、導くことができます。神はあなたに道、哲学、宗教を指摘するのではありません。神はあなたが神を知り、その喜びを経験し、人生のいろいろなチャレンジの中にあっても、あなたに対する神の愛を確信していくことができるように招いておられるのです。「いま私たちは神の子どもです。御父はどんなにすばらしい愛を与えてくださったことでしょう。」(13)

 今イエス・キリストを信じました。(これからの成長に役立つこと)
 イエス・キリストを信じたいと思いますが、もう少し詳しく教えてください。
 質問があります。

(1) ヨハネ8:12
(2) アーウィン・ルツァー著「他の神々とキリスト」ムーディプレス p.63
(3) 第一ヨハネ 3:16
(4) 第一ヨハネ 4:9
(5) ヨハネ 3:16
(6) ヨハネ 6:35
(7) ヨハネ 14:6
(8) ルツァー p.106
(9) 詩篇45:18
(10) ヨハネ 10:10
(11) ヨハネの黙示録 3:20
(12) ヨハネ 1:12
(13) 第一ヨハネ 3:1

他の人にシェアする  

TOP