いいね  
シェア  

不穏な世界で持つことのできる平安

内なる平安を見つけるには:心配や煩いではなく、平安を持つにはどのようにしたらいいでしょうか。

この世界に、また私たち個人の生活に何が起ころうとも、しっかりと頼ることのできるものがあるでしょうか。人生や世界の状況がどうであろうと、希望を持って将来に立ち向かっていくことができるでしょうか。多くの学生は、神は安定した存在として評価しています。私たちのまわりはどんどん変化しています。けれども、神は変わることがありません。神は安定していて、信頼することができます。神は「わたし以外に神は存在するだろうか。」と問うています。答えは「ノー」です。「他に岩はない。わたしは知らない。主であるわたしは変わることがない。」(1)と神は答えておられるからです。神はいつもそこにおられます。神は信頼することができるお方です。「イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。」(2)そして、神はご自身を私たちに知らせることができ、神を通して私たちには平安が与えられ、私たちの心は安息の中に憩うことができるのです。

内なる平安を持つことは可能か

スタンフォード大学を卒業したばかりのヘザーは、このように言っています:「この現実の世界で神と関係を持つということは、うっとりとしてしまうほど麗しい現実を経験することです。この世には、私が取引によっては獲得することのできない普遍的な交わりが存在します。神は私を知り、深く愛しておられるので、私の希望はその神と交わることだけです。」

-スティーブ・ソーヤーという血友病患者の学生は、輸血でHIVに罹ってしまったことを知った時、何かにすがりたいと思いました。最初、彼は絶望のどん底にいました。神を呪いました。そしてそのうち、神に手を伸ばしました。そして次のようなことが起こりました:過去数年間、スティーブは数え切れないほどの大学キャンパスを巡り、(痛みに耐えながら)彼が神を知ることができたこと、そこから経験することのできた平安について語ったのでした。神はこう言っておられます。「わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」(3)

スティーブと同じように、他の学生たちも、人生に何が起ころうと「これが人生の終わりではない」ことを学びました。多くの人が神に向く前には、非常に厳しい試練に遭うことがあります。第二次世界大戦で軍隊のチャプレンをしていた男性は「戦場の塹壕の中では、無神論者はいない。」と言っています。人生がバラ色の時、人々は神を必要とは感じません。けれども、問題の矢面に立たされると、事情は違ってきます。

バージニア州に住む学生のカリンは、彼女が神を知る道について次のように説明しています:「私は日曜日には教会に行っていたので、自分はクリスチャンだと思っていました。けれども、私は神がどのようなお方か知りませんでした。高校3年生になっても、今までの3年間と何の違いもないように感じました。私はよくお酒を飲んで気分がハイになりました。また、私を楽しませてくれる何かや私を愛してくれるだれかを求めていました。けれども心の中は死にそうな気分で、私は自分の人生をコントロールすることができませんでした。その時、自分の人生をもう終わらせたいと思いました。同時に大学に行って、何らかの希望を見つけなければと思いました。その時、私は神に私の人生に入ってくださいと願ったのです。すると神は、愛、安心感、赦し、支え、慰め、受容、生きる目的を示してくださいました。神こそ私の力です。そして、そのことを知ることなしに、私が今ここにいることはなかったでしょう。」

新しい世紀に一体何が起こるか、だれもわかりません。多くの学生が塹壕の中にいるような気持ちになっています。人生は戦いのようなものだからです。戦いの中では心の平安など、簡単に揺るがされてしまいます。そしてどうしようもなくなると、私たちは神に手を伸ばすのです。それでいいのです。なぜなら、神はいつも変わらずそこにいてくださり、私たちの人生に関わりたいと願っておられるのですから。神は言われます。「わたし、このわたしが、主であって、わたしのほかに救い主はいない。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神である。ほかにはいない。」(4)

そうです。神は「助けとなり支えとなってくださるお方」なのです。そして、唯一、まことに道理に適ったお方なのです。

目に見えない塹壕

物事がうまくいっている時でさえ、神に向く人たちがいます。テキサス州に住む学生であるジョンは、こう説明しています:「4年生になるまで、僕は人から勧められて自分が達成感を持つと思えるものはすべて成し遂げました。たとえば、大学の様々な組織の中でリーダーとなること、パーティに出席すること、よい成績を取ること、気に入った女性とデートすることなどです。すべて自分が大学にいる時にやりたいと思っていたことでしたが、それで心が満たされたわけではありませんでした。何かが欠けていると思いましたが、どうすればいいかわかりませんでした。もちろん、他のだれも僕がこのように感じていることを知りませんでした。外には自分の内面を明かしませんでした。」

事がたとえうまくいっているとしても、人生は塹壕の中にいるようなもので、裸眼では見えていなくても、心の中ではっきりと感じ取れる内なるものが存在するのです。イリノイ州に住むベッキーはこの現象について、次のように表現しています:「あなたは過去に、あの服があれば、彼がボーイフレンドだったら、あの場所に行けたら、人生はもっと幸福でよかっただろうにと思ったことがあるでしょうか。そして、実際、その服を買い、その彼とつき合い、行きたいと思っていたところに行ったにもかかわらず、なおいっそう心が満たされない状態になったことが何度あったでしょうか。」

-塹壕の中にいるように感じるために、失敗する必要も悲劇に遭う必要もありません。ほとんどの場合、私たちは自分の生活に神が不在なので、平安を得ることができないのです。ベッキーは神を知ることについて次のように述べています。「私の人生にはたくさんの問題や変化が起こりましたが、私は私のそばにはいつも愛なる永遠の神がいてくださることを知っていたので、物事を新しい見方で捉えることができるようになりました。私は私と神が二人三脚で扱うことのできないことなどないと信じています。私は完全なものを熱心に求め、最終的にそれを見つけのです。」

神が私たちの人生に関わってくださるようになると、私たちは安息できるようになります。聖書に書かれている神のことばを聞いて、神を知るようになると、私たちは内なる平安を感じることができるようになります。私たちは自分の人生を神の視点から見るようになり、神の忠実さに気づき、神が私たちの面倒を見てくださることもわかるようになります。ですから、新世紀に何が起ころうと、神に揺るぎない希望を置くことができるのです。私たちが神に向いて、神を求めるなら、神は私たちの生活の中にご自身を現わそうと準備しておられるのです。

まことの内なる平安-岩の上に建てる

あなたは自分の人生を何かの上に建てていますか。信じようが信じまいが、すべての人は何らかの上に建てているのです。何らかの土台、私たちが望みや信仰を置くものを持っているのです。それは自分たち自身かもしれません。「一生懸命やれば、私は成功することができる。」或いは「たくさん稼ぐことができれば、素晴らしい人生を送ることができる。」また、「新世紀は何か変革をもたらしてくれる。」と期待する人がいるかもしれません。

神は違った見解を持っておられます。神は、私たちが望みや信仰を自分たちや他の人たち、また、この世が提供するものに置くなら、その土台は崩れやすいと語っています。神は私たちが神に信頼することを願っておられます。神はこう教えておられます。「わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。また、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なわない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。」(5)

大災害が来ても、神に自分の人生に関わっていただく生き方をしているなら、それは賢明だと言えます。けれども、神が私たちに意図しておられることは、どんな状況にあろうと、私たちに豊かな人生を送らせようとされていることです。私たちの生活のあらゆる領域において、前向きな影響を与えようとされています。私たちが神とそのみことばにより頼むなら、私たちは岩の上に自分自身を建てていることになります。

完全な平安

人々の中には、大金持ちになったり、よい成績を収めることができれば、安心する人たちがいます。けれども、神と関係を持つ方がはるかに堅固な安心感を持つことができます。

神は力強い。 私たちと違って、神は明日のこと、来週、来年、今後10年先、何が起こるかご存知です。「わたしが神である。ほかにはいない。わたしは、終わりの事を初めから告げる。」(6) 神は新世紀、何が起こるかご存知です。そして、もっと大切なことは、神はあなたの人生に何が起こるかをご存知で、あなたが神をあなたの人生にお招きするなら、何かが起こる時にはあなたと共にいてくださるということです。神は「われらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け」(7)と なってくださるのです。けれども、そのためには私たちは心から誠実に神を求めなければなりません。神はこうも言われます。「もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。」(8)

-これは、神を知るものは困難な目に遭わないということではありません。困難に遭うでしょう。私たちの国が新世紀、テロリストによる攻撃を受けた場合、神を知る者たちも被害に遭うでしょう。けれども、そうであっても、神のご臨在を覚えることができ、平安と力を経験することができます。イエス・キリストに従う人はこう言うことができるのです:「私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。」(9) 現実は、私たちは問題に直面します。けれども、神と関わりながら、これらの問題をくぐり抜けていくなら、私たちは問題に対して違った見方をすることができ、自分の力ではない力で乗り越えていくことができるのです。神が解決できない問題などありません。神は、私たちを襲ってくるすべての問題よりも大きなお方です。私たちはひとりで問題解決をする必要はないのです。

神のケア。 私たちの生活に現わされる神の偉大な力には、神の深い愛が伴っています。新世紀は私たちがかつて経験したことのないような世界平和の時となるかもしれません。或いは、人種間の憎悪や暴力がより激しくなり、離婚が更に増える時代となるかもしれません。いずれであっても、神が私たちを愛しておられるほどには、だれも私たちを愛することはありません。神が私たちをケアしておられるほど、だれも私たちを同じレベルでケアすることはありません。次のようなみことばがあります。「主はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。主に身を避ける者たちを主は知っておられる。」(10) 「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」(11) 「主はご自分の道において正しく、またすべてのみわざにおいて恵み深い。主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに主は近くあられる。また主を恐れる者の願いをかなえ、彼らの叫びを聞いて、救われる。」(12)

イエス・キリストは彼に従う者に次のような慰めのことばを語っておられます:「二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。だから恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。」(13) あなたが神に向くなら、神は他のだれもができない方法で、あなたをケアしてくださいます。

神を通して得る平安な心

新世紀に何が起こるかわかりません。もし困難な時代になるなら、神は私たちのそばにいて助けてくださいます。もし平和で楽な時代であっても、私たちは私たちの心の隙間を埋め、私たちの人生を意味あるものとしてくださる神が必要です。

様々のことが語られ、成されますが、その中で何が最も大切なことでしょうか。肝心なことは、私たちは神から引き離されることはないということです。私たちは神を知っているでしょうか。神は私たちを知っておられるでしょうか。私たちは神を知ることによって、神は私たちの内に働いて、見方を変えていってくださり、希望を与えてくださるのです。神と関係を持つことによって、どのような状況にあっても、心に平安を持つことができるのです。

なぜ、神が私たちの人生の中心とならなければならないのでしょうか。それは、神を知ることなくして、本当の平安や希望を持つことはできないからです。神は神であって、私たちは神ではありません。神は私たちにより頼むことはありませんが、私たちは神により頼まなければなりません。神は私たちが生きていく上で神のご臨在を求めるように造られました。私たちは神なしで人生を生きていくことはできますが、むなしさを覚えることがしばしばです。

神は私たちが神を求めるように願っておられます。神を知り、神を心の中心に据え、神に人生を関わらせることを願っておられます。けれども問題があります:私たちはすべて神を締め出してしまったのです。聖書は次のように記述しています:「私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。」(14) 私たちはみな、神なしに自分の人生を進んでいこうとしたのです。それが聖書が「罪」と呼んでいることです。

前述したヘザーは罪について、こう言っています:「スタンフォード大学に入った時、私はまだクリスチャンではありませんでした。この世の価値観に立ち、それに影響されそうになっていました。政治集会に出席したり、人種差別や社会正義に関するクラスを取ったりして、コミュニティサービスセンターの活動にのめり込んでいました。私は自分の内に、この世界に対して大いなる違いをもたらす力があると信じていました。私は社会的に恵まれない小学生たちの教師となり、ホームレスのためにキャンプ場所を備えたり、飢えている人たちに施すために残飯を集めたりしました。けれども、熱心に社会を変えようとすればするほど、私はフラストレーションに陥っていきました。私は官僚主義に対抗し、無気力になり、そして罪に向き合うことになりました。そして、人間はその生まれつきの性質を根本から変えなければならないのではと考え始めました。」

まことの平安=神との平和

時代が変わり、技術が発達しても、物事の根本は変わりません。なぜでしょうか。それは、私たち人間の根本的な問題は、神から離れていることにあるからです。私たちの最も深刻な問題は肉体的なものではなく、霊的なものです。神はこのことを知っておられるので、私たちに解決方法を与えてくださいました。それは、イエス・キリストを通して、神のもとに戻ることができる道が備えられていることです。

聖書には「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(15) と書かれています。イエス・キリストは私たちの罪のために、私たちの代わりに十字架刑(古代の死刑の方法)に処せられました。そして、死んで葬られ、死からよみがえられました。彼の犠牲的な死によって、私たちは神との関係の中に入ることができるようになったのです。「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」(16)

-とてもシンプルなことです:神は私たちと完全な関係を持ちたいと願っておられます。ですから、イエスを通して、そのことを可能にしようとされたのです。ですから、神を求めて、私たちの人生の中に入っていただくかどうかは私たちの選択にかかっています。多くの人々は祈りを通して、このことを願います。祈りは神に正直に話すことです。今ここで、あなたは神に心から次のような祈りをささげて、神に手をさし出すことができます:「神様、私はあなたを知りたいと願っています。今まで、私の人生にあなたをお迎えしたことはありませんでしたが、その生き方を変えたいと思います。あなたから離れていた問題に対して、あなたが与えてくださった解決方法を選びます。私のために死んでくださったイエスにより頼むことによって、私の罪が赦され、あなたと正しい関係になることを求めます。今日からどうぞ、私の人生を導いてください。」

あなたは心から神にこのように願ったことがありますか。あなたと神だけがこのことについて知っています。もし、すでにそのように願っておられるなら、あなたはこの先、楽しみに待つことがたくさんあります。神はあなたとの関係によって、あなたの人生を大いに満たされるものにしようと約束してくださっています。(17) 神はあなたの内をご自身の住まいとなさいます。(18) そして、永遠のいのちを与えてくださるのです。(19)

ニューイングランドに住むメリッサは、神についてこう語っています:「私が幼い時、両親が離婚しました。その時、何が起こっているのかよくわかりませんでした。わかったことは、父が二度と家に戻ってこなかったことです。ある日私は祖母を訪ね、父が家からいなくなって、私を傷つけた理由がわからないと言いました。祖母は私を抱きしめ、私を決して離れずにいてくださる方がいること、その方はイエスだと言いました。祖母はヘブル13:5と詩篇68:5を引用して次のように言いました。「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。神はみなし子の父となってくださる。」それを聞いた私は、神が私の父となってくださることを、心から喜び、わくわくしました。

あなたのまわりに何が起ころうと、神があなたと共にいてくださるということを知って、平安な気持ちになることができます。新世紀がどのような時代となろうとも、あなたは神をしっかりとつかむことができます。

神についての知識を深め、あなたに対する愛についてよりよく知るためにヨハネの福音書を読んでください。何か質問があれば、気軽に私たちに聞いてください。

 今イエス・キリストを信じました。(これからの成長に役立つこと)
 イエス・キリストを信じたいと思いますが、もう少し詳しく教えてください。
 質問があります。

(1) イザヤ44:8、マラキ3:6 (2) ヘブル13:8 (3) ヨハネ14:27,16:33 (4) イザヤ43:11、イザヤ45:22 (5) マタイ7:24-27 (6) イザヤ46:9-10 (7) 詩篇46:1 (8) エレミヤ29:13 (9) 第二コリント4:8-9 (10) ナホム1:7 (11) 第一ペテロ5:7 (12) 詩篇145:17-19 (13) マタイ10:29-31 (14) イザヤ53:6a (15) ヨハネ3:16 (16) ヨハネ1:12 (17) ヨハネ10:10 (18) ヨハネ14:23 (19) 第一ヨハネ5:11-13

他の人にシェアする  

TOP