いいね  
シェア  

私の人生が変えられた理由

「こんな人生なんかもうたくさんだ。」なんて思ったことがありますか。どうしたら自分が望んでいるような人になることができるのでしょうか?

ジョシュ・マクドウェル

私は子どもの頃から幸せになりたいという強い願いがありました。世界中で誰よりも幸せになりたいと思ったんです。また意義ある人生を送りたいとも思っていました。私はこの三つの答えを見い出したいと思っていたんです。

  • 自分とは一体誰なのか?
  • 自分はなぜここに存在しているのか?
  • 自分はどこに行こうとしているのか?

またこの他のもいつも自由でありたいと思っていました。世界中で誰よりも自由。私にとっての自由とはただ自分のやりたいことができるというものではなかったんです。それは誰でもやっていることです。そうではなくて自分が本当にしなければならないことができるという自由だったんです。多くの人は自分がしなければならないことが分かっていながら、実はそれを実行することができません。その力がないんです。そこで私は何とかこの答えを見つけ出そうと考えました。色々な人がなんらかの宗教に頼っているようでしたので、自分もひとつ教会というところに足を運んでみることにしたんです。きっと変な教会に行ってしまったのかもしれませんが、教会に行った後、以前よりも心が重くなってしまいました。しばらく教会に行き続けましたが、とかく実践的な自分には教会というところはさっぱり助けにはなりませんでした。というわけで宗教からはもう足を洗うことを決心しました。

次に思いついたのが、名声ということでした。他の人たちのリーダーとなって有名になれば有意義な人生を送れるのではないかと思ったんです。私が行っていた大学では学生団体が大きな影響力を持っていて、学生のリーダーたちが様々な資金を調達していました。そこで私は新入生の会長に立候補したところ、見事当選したんです。皆からちやほやされ、色々な企画を運営したり、学校の資金を使って様々なゲストスピーカーを招待したりもしました。とても気分のいいものでした。でも気分がいいのもつかの間、しばらくすると今までと同じように倦怠感を感じるようになってきたんです。月曜日には朝起きるとよく頭痛に悩まされたものでした。そして何とかかんとか気力でその週を乗り切るような日々を送っていました。週末は何とかリラックスできたものの、その三日が過ぎるといつものようなあわただしい一週間が待ち受けているのでした。

そんな時、学生8人と教授2人からなる小さなグループの人たちと知り合いになることができました。なんだか分かりませんでしたが、この人たちの生き方は他の人たちのそれとは少し違っていたんです。何か自分の信じているものに確信を持っているかのようでした。そしてこの人たちは人生の目的を知っているかのようでもあったんです。

この人たちはただ平凡に大学生活を送っている感じではなかったんです。環境のいかんを問わずいつも心に平安があって、満足感に満ちているように見えました。何か心の中に喜びの源があるかのようでした。当然ながらそのときの私にはそのようなものはどこにも存在しませんでした。

誰もみな自分にないものが欲しくなるように、私も何とかこの人たちの持っているものを手に入れたいと思うようになったんです。そこで私はこの「興味深い人たち」と友達になることにしました。そして二週間後、この8人の学生と、2人の教授たちと共に、何やら神様についての話に参加することになったんです。

話を聞いているうちにいらだってきた私は、一人のかわいい女の子(それまでクリスチャンはみんな不細工に違いないと思っていたんですが)に向かってこう問いかけました。(もちろんそのとき、誰にも興味があるように思われたくなかったので、だらしなく椅子にもたれかかるようなそぶりをしていました)「人生が変えられたってどういうことなの。あなたを見てるとみんなとちょっと違うように見えるんだけど、何で。」

きっとこの学生は強い確信を持っていたんだと思いますが、彼女は私をじっと見つめながらこういったんです。「それはイエス・キリストのおかげです。」この答えは、大学生活における様々な問題の解決として自分が思いもしていなかった回答でした。

そこですかさず私はこう答えたんです。「宗教ね。僕も教会に行ったり、聖書を読んだことがあるけど、さっぱり役に立たなかったなあ。もう少しましな答えを期待していたんだけどね。」

すると彼女も負けじとこう言ったんです。「私は宗教と言ったんじゃなくて、イエス・キリストって言ったんです。」これは私にとって、まさに初耳でした。キリスト教が宗教じゃない。そのときの私には理解できませんでしたが、宗教とは人間が自分の行いを通して神に近づこうとする行為であるのに対し、キリスト教は神がイエス・キリストを通して私たちに差し出していてくださる愛の関係ということだったんです。

多くの大学生はその意味でキリスト教を誤解しているようです。以前大学院のゼミナールで話をした講師がこう言いました。「教会に足を踏み入れる者は皆クリスチャンになる。」そこで私はこう尋ねました。「それが本当ならガレージに足を踏み入れたらみんな車になってしまうということになるわけですか。」私が他の人から聞いていたのは、クリスチャンとは本当にイエス・キリストを信じている人のことを言うということだったからです。

そこに集まっていたクリスチャンの人たちは私がもっとイエス・キリストについて学んでみるように勧めてくれました。ブッダももハメットも決して自分が神であるとは主張しなかったのに対し、キリストは自分こそが神であると宣言されたのです。このグループの人たちはイエス・キリストが人の形を取ってこられた神であること、また人の罪を背負って十字架上で死なれたこと、またその後葬られ、三日目に死からよみがえられたこと、そして今も人々の人生を変えることのできる方であると固く信じていたのです。

彼らが信じていたこの様な確信は当時の私にとっては非常にこっけいでした。なんだかおとぎ話を信じているように思えたんです。ですからことあるごとにクリスチャンをからかったりもしていました。

彼らがしきりにキリストについて学んでみることを勧めるので、私もしぶしぶそのことに同意することになりました。心の中ではどうにかして彼らの信じていることが事実ではないということを証明してやろうと思っていました。

ところが数ヶ月リサーチを続けた結果私がたどり着いた結論は、キリストはまさにご自身が語られたように神であったということなんです。このことは私にとって大きな問題でした。歴史的事実に基づいて考えるならこの人たちの信じていることは事実となるわけですが、私の心はそのことを受け入れることができなかったからです。

そのとき私は、キリストを受け入れるためには自分のエゴを捨て去らなければいけないことに気づき始めました。イエス・キリストは私がキリストを信じるように私の心に語りかけているようでした。聖書の言葉を私流にお伝えすると、「私は戸の外に立って心の戸をいつもたたいている。もし私の声を聞いて戸をあけるなら、私はその人の心のうちに来ることができる。」(黙示録3:20)

この熱心なクリスチャンと一緒にいると、いつも心の中に葛藤を覚えるようになったんです。自分が惨めな状態でいるときに、ハッピーな人たちに会うと時々不愉快な思いになったりする、そんな感じでした。時にはいても立ってもいられなくなりその場から出て行ったこともありました。ベットにもぐっても朝の4時まで眠れず、ある意味で何とかしなければいけないということを自分自身よくわかっていたような気がします。そしてついにこの心の葛藤にに終止符を打つ日がやってきました。忘れもしない1959年12月19日の夜8時半のことです。私はこのとき心からイエス・キリストを信じる決心をしてクリスチャンになることができました。

このとき私は四つのことをイエス様に祈ったんです。一つ目は「私のために十字架にかかってくださり感謝します。」ということでした。また二つ目に言ったことは、「私の中にあなたに喜ばれない罪があることを告白します。私の罪を赦し、私を清めてください。」そして三つ目に、「今私は自分の心の戸をあけてあなたを私の罪からの救い主、また人生の主としてお迎えします。これから私の人生を導いてください。また私をあなたが望んでおられるようなものに変えてください。」そして一番最後に、「私の人生に入ってきてくださったことを感謝します。」このことは歴史的事実、また神の言葉への信頼から来る私の心からの祈りでした。

色々な宗教の人が自分の超自然的な体験を語るのを聞いたことがあると思いますが、私が祈ったそのときには一切そのようなことは起こりませんでした。何の神秘的な体験がなかったどころか、以前よりも気分が悪くなってしまったように感じたんです。「ああ、何てことをしてしまったんだろう。」という思いが脳裏をよぎりました。自分も宗教にはまってしまったように感じましたし、回りの人も同じように思っていたかもしれません。

でもそれから半年あるいは一年をちょっと過ぎるころになったとき、私は自分が宗教にはまってしまったのではないということに気づきました。自分の人生に変化が生じ始めたのです。私以前はミッドウェスターン大学というところの歴史学部の主任教授とディベート(討論)を行なったことがあります。そのときこの教授が言ったことはこうでした。「マクドウェル君、君はこの20世紀に「神」が君の人生を変えたとでも言うのかね?」「一体どういう風に変えられたというのかね?」45分後この教授は、「もういい。それで十分だ。」と答えました。そのときに私が議論した内容を紹介しましょう。

私が一番大きく変えられたところは、平安が与えられたということなんです。それまでは私の心はいつも葛藤だらけでした。でもイエス・キリストを信じる祈りをしてから、何か心の中に平安が与えられるようになりました。誤解して欲しくないのはそれから何の問題も葛藤もなくなったということではないんです。そのときからも多くの困難や葛藤に出くわしますが、今は平安を持ってそれらに対処できるようになったということです。このことは私にとって大きな救いでした。これはいくらお金を積んでも手に入れることはできません。

次にいえることは、自分の怒りっぽい性格が変えられたということです。それまでは学内でも「がん」をつけられたりすると、たちまち飛びかかって行くような性格だったんです。今でも大学一年のときに相手を殺しかねないような取っ組み合いのけんかをして負った時の傷が残っています。とにかくこれが私の気性だったんです。でもイエス・キリストを心に招いたときからこの怒りが私の中から消えていったんです。それから14年間自分が爆発したことはたった一回でした。(でもこの一回の過ちを償うのに6年の歳月がかかったことを付け加えておかなければなりません。)

またイエス・キリストとの個人的な関係を通して、私が大きく変えられたもう一つのことは憎しみという問題でした。実は多くの人がこの問題を抱えているのですが、私もずっとこの憎しみというものを心の中に持ち続けていたんです。色々な人またいろんなことに対していつも憎しみという感情を抱いていました。

私は一人の人をこの世の誰よりも憎んでいました。それは自分の父親だったんです。わたしの父はアルコール中毒で、近所の誰もがそのことを知っていました。そしてそのことが本当に恥ずかしくて仕方がありませんでした。酔った父はよくわたしの母に暴力を振るったものでした。友達が家に来るとき、わたしは酔っ払った父を納屋まで連れて行きそこに縛っておいたりもしたんです。そして友達には父は用事があって出かけたと偽っていました。私は他の誰よりも自分の父を憎んでいたんです。

しかしイエス・キリストを信じる決心をして、キリストとの個人的な関係を持つようになってから、わたしの父に対する憎しみは180度変わってしまったんです。今までそれほどまで憎んでいた父に対して、「お父さん、僕はお父さんを愛しています。」と面と向かって口にすることができました。ただ言葉だけではなくて心からそういうことができたんです。この様な私の変化を見て、父の中にも変化が生じるようになってきたんです。

その後私立大学に編入したころ、私は大きな自動車事故に巻き込まれてしまいました。退院して家に帰ったとき父が自分に言ったことを今でも覚えています。父は私の部屋に入るなり、「お前は何でこんな父親を愛せるんだ。」と言いました。そのとき私はこう答えたんです。「お父さん、僕は半年前までお父さんのことを軽蔑していました。」そして、私がイエス・キリストを信じるようになったいきさつを話したんです。「お父さん。僕はイエス様に心の中に入ってくださるように祈ったんです。どうしてかは分からないんだけど、それから他の人をそのままで愛せるようになったんです。」

その45分後、思いもよらないことが起こりました。私をそれまで育ててくれ、わたしのことをだれよりも良く知っていたこの父がその時こう言ったんです。「お前をそこまで変えた神様がいるんだったら、お父さんもその神様を信じてみたいなあ。」その時私は父と共に祈り、父はイエス様を罪からの救い主として信じ受け入れる決心をしたんです。

普通誰かがイエス・キリストを信じたとき、その人の人生に変化が生じるまである程度の月日がかかるものですが、自分の父の場合はそうではなかったんです。父のように一瞬のうちに人生の変えられたケースはそれまでも、またその後にも見たことがありません。大酒のみだった父はそれ以来ぴたりとアルコールに手を出すことをしなくなったんです。このとき私は確信しました。イエス・キリストは今でも人々の人生を変えることができるのだと。

キリスト教をばかにしたり、からかったりするのは自由ですが、一つだけ皆さんに知っておいて頂きたいことがあります。それはイエス・キリストは今も生きていて人々の人生を変える力を持っているということです。あなたもイエス様を信じるなら今日からあなたの人生に変化が生じることを保障します。

でも誰も無理やりにイエス・キリストを信じさせることはできません。キリストを信じるか信じないかはあくまで皆さんの選択なんです。私にできることはただ神様が私の人生になしてくださったことをあかしするだけです。

私がイエス・キリストを信じたときの祈りをもう一度お伝えします。
「主イエス様。私はあなたを必要としています。あなたが私の罪のために身代わりとして十字架にかかって死んで下さったことを感謝します。私の罪を赦し、私を清めてくださったことを感謝します。私は今あなたを、私の救い主、人生の主としてお迎えいたします。私の人生を導き、私をあなたが望んでおられるようなものに変えてください。アーメン。」

もしこの祈りがあなたの心の願いを表しているなら、今祈ってイエス・キリストを心に迎えてください。今日からあなたの人生は全く新しいものに造りかえられるのです。

 今イエス・キリストを信じました。(これからの成長に役立つこと)
 イエス・キリストを信じたいと思いますが、もう少し詳しく教えてください。
 質問があります。

ジョシュ・マクドウェル氏----キャンパス・クルセード・フォー・クライストスタッフ。世界各地にて講演者として活躍。また「神か大工か」を始め、数多くの著者として知られている。

他の人にシェアする  

TOP