いいね  
シェア  

死、避けることのできない現実

死を直面し、死後のいのちを見い出したある青年の体験談

ブランドン・マケティー

避けて通ることのできない問題 —— 死

死ぬということ、これは人類の歴史始まって以来どんな人にも共通にもたらされた事実と言うことができるでしょう。私達がどんなに努力しようとも、また最新の医療、科学、テクノロジーを駆使しても、この死という問題を解決することは不可能です。死はすべての人に平等に訪れるものなのです。

死によってすべてが終わってしまうということ、また死後何が起こるのかが全く分からないということから、多くの人はこの死を恐れながら日々の生活を送っているのです。何とかして老化を防ごうとたゆまぬ努力を重ね、近い将来寿命を延ばす薬や、最新医療が開発されることを心待ちにしているのです。

死に直面しながら心に平安がある

でも中には恐れることなく、平安をもってこの「死」に直面できる人たちがいます。数年前になりますが、私の友達は16歳の若さで、医師から直腸がんの宣告を受けることになったのです。様々な医師ができる限りの治療を試みてみましたが、どれも効果をあげることはできませんでした。一年半の間、ロブは3つの病院を転々とすることになったのです。この間体重が45キロも激減し、髪の毛はすべて抜け落ちてしまいました。18ヶ月の闘病生活の後、もう成すすべもなく絶望的な状態となってしまったのです。

医師はロブに退院の許可を出し、最後のひと時を、家族と共に自宅にて過ごすように勧めたのでした。私は親友を失うという事実に耐え切れなくなり、神様に対して憤りを覚えたのです。なぜ神様はロブをいやしてくださらないのだろう。言葉には言い表せない複雑な思いでした。

でも驚いたことに、当の本人はこの人生最後に瞬間にあっても、何か心の底に深い平安を持っているようでした。今考えても彼がそのように平安でいれたということは私にとってはとても驚きです。彼が持っていた平安は決して投げやりな態度でも、あるいは無気力、また絶望感といったものではなかったんです。その平安はロブが病気のことを知る数ヶ月前に決めた一つの決心から来るものでした。

ロブが知っていた死後に存在する永遠のいのち

ロブはこの心の平安を聖書の中に見つけ出したのでした。新約聖書ローマ人への手紙というところにこのような言葉があります。「すべての人は罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができない。」(ローマ3:23)またこのようにも書かれています。「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」(ローマ6:23)

旧約聖書イザヤ書の中で、預言者イザヤはイエス・キリストのことを預言してこのように語っています。「その名は、不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。(イザヤ9:6)この平和の君イエス・キリストは私たちに平安をもたらすためのこの世に来て下さいました。そしてロブはこのイエス・キリストを信じる決心をしたのです。その結果彼の心はこのような状況にあっても平安を持つことができたのです。

あなたにもこの永遠のいのちが提供されています

ロブばかりでなく、私たちのすべてはこの永遠のいのちをいただかなくてはなりません。もし私達が、この神のくださる永遠のいのちを拒むのであれば、私たちは神から永遠に断絶され、地獄に行かなければなりません。しかし、あなたがイエス・キリストを信じるなら、神様はあなたに永遠のいのちを提供することができるのです。

私たちは誰しも「死」というものを体験します。しかしイエス・キリストを信じる者はその死後、永遠に神の国、天国にはいることができるのです。まさしくロブが見つけた真実とはこのことでした。そしてこの事実が死の病にあっても彼に平安をもたらすことができたのです。私自身このイエス・キリストにある平安を体験することができました。このことによって私はどんな状況にあっても平安を持つことができるのです。

もしも今、この死という問題に直面しているなら、また死後の世界、あるいは生きるということに疲れを覚えているのなら、あなたもイエス・キリストにあって心の中に平安と希望を持つことができます。どのようにしてイエス・キリストを心に迎え入れることができるのかということをお知りになりたい方は、

イエス・キリストを信じる]をお読み下さい。

 質問があります。
 イエス・キリストとの個人的な関係を持つには
他の人にシェアする  

TOP