いいね  
シェア  

神がいるならなぜ苦しみが存在するのか? ある女性の体験談

脊椎損傷の事故から体験した絶望と悲しみ。その彼女がついに見い出した希望とは?

ステイシー・ジェイムス

-大学三年生のとき、わたしはダイビングの事故で首から下が不随になってしまったんです。この一瞬の出来事によってわたしの人生は根本から変えられてしまったのです。誰よりも陽気で、活動的な大学生であったわたしは、そのとき以来二度と、好きだったジョギングや、ダンス、そしてピアノやギターを弾いたりすることができなくなってしまったんです。そして何よりも私の夢は将来宣教師となって神様に仕えるということでした。神様は、こんなわたしにどうしてこの様な悲劇が起こることを許されたのでしょうか。

もう決してこの体を動かすことができないと思うたびに涙がこぼれてきました。友達からも隔離され、わたしの症状に初めからさじを投げている医者を見るたびに憎しみをさえ抱いたりしたんです。人が車椅子の自分をみる目に耐えられないと感じたこともありました。

それでも以前聖書に、神は信じるものを決して見放すことがないと書かれてあるのを読んだことがあったんです。確かに絶望的な状態に自分がいたことは事実ですが、それでも神様が自分のことを愛していてくださるなら、必ず希望があるように思えました。きっと神様は何らかの計画をわたしの人生に持っておられると思えるようになったんです。全てはわたしの選択にかかっていたんです。神様を信頼して神様の力によって生きて行くか、それとも神様を憎み、すねた心で自分の人生を生きてゆくかの二つに一つだったんです。決して感情が伴っていたということはないのですが、私は神様に従っていく決心をすることができました。

苦しい状況に直面するとき、神様の愛について疑ってしまうことがよくあります。「神様、本当にわたしのことを愛していて下さるのなら、なんでこんなことが自分に起こるのをお許しになるのですか?」ってつぶやきたくなるものですよね。わたしが経験を通して教えられたことは、自分たちが置かれている状況の良し悪しによっては決して神様の愛を測ることができないということなんです。聖書にはこう書かれています。「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。」(1ヨハネ4:9)私たちは聖書に書かれてある約束によって、神様の愛の深さを知ることができます。どれくらい恵まれているかいないかは神様の愛を計る物差しにはなりません。

わたしが体験を通して学んだことは、苦しみや問題が存在するかしないかは愛されているか愛されていないかとは全く関係がないということなんです。また神様はこの様な状況を用いて私達を訓練し、成長させてくださいます。人生には多くの苦しみが伴うものです。私自身今でも、事故の障害に苦しめられていますし、その他にも愛する人を失った経験もあります。人生には良いこともあれば悪いことも起こるものです。私自身そのことを少しづつ学んでいるところです。

神様は私たちに悲しんだり、涙を流したりする自由も与えてくださいました。私達がこの感情を押し殺してしまうと、いつかそれが否定的な形で表面化することが多いんです。私たちは苦しみの中にいるとき、その悲しみや痛みを適切な方法で表現することを学ぶ必要があります。自分の感情を隠す必要は全くないのです。特に神様に対してはそうです。神様は私達の心を全てご存知であるからです。今でも私は疑問に思うことや、感じていることを素直に祈りの中で神様のところに持って行きます。また必要なときには親しい友達に相談したりもします。

また神様は将来の希望をも約束していてくださるのです。脊椎損傷の事故で苦しむようになってから、いつの日か天国でもう一度歩けるようになるときのことを心から待望するようになったんです。神様は、死も、病も、苦しみもない素晴らしい所を私たちに用意していてくださるのです。

私は今、自分の置かれている境遇に対していらだちを覚えるようなことはありません。それは神様のすばらしさを日々体験しているからです。今私は以前よりもずっと強い人間になることができました。たとえスポーツ界のスーパースターになって億万長者になれたとしても、もし神様の存在を知らず、永遠のときを地獄で過ごさなければならないとしたら、私はこの短い地上での生涯を車椅子ですごすことを選び取ります。

 質問があります。
 イエス・キリストとの個人的な関係を持つには
他の人にシェアする  

TOP