いいね  
シェア  

キリストを信じる

神と個人的な関係を持つには一体どうすればよいのでしょうか。
修行をつんだり、良い行いをすれば、神を知ることができるのでしょうか。そうではありません。あなたがどのようにしたら、神との親しい関係を持つことができるのかを4つのポイントで説明します。

ポイント1:

創造主なる神はあなたを愛し、あなたの人生にすばらしい計画をもっています。

創造主なる神はあなたを愛し、すばらしい人生の目的を用意しています。

あなたは神によって造られました。神はあなたのことを心から愛し、共に永遠に過ごすことを望んでいるのです。聖書の中で、イエスは次のように語っています。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」。 (ヨハネ3:16)

イエスがこの地に来たのは、 私達ひとりひとりが創造主なる神を個人的に知るためです。イエスだけが人生の目的と意味を、私達に与える唯一お方です。

ポイント2:

すべての人は罪の性質をもっているため、創造主なる神から離れています。
罪の性質のために、私達は神を知ることができないばかりか、神の愛と、あなたのための神の計画も知ることができないのです。

私達すべては罪があり、神から離れているのです。そのため神の愛、人生の真の目的を体験することができないのです。

聖書にはこう書かれています。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず…」(ローマ3:23)。 神は、私達ひとりひとりと個人的な関係をもちたいと望んでいます。しかし私達は、自分のしたいように、思うがままに、行動しようとするのです。私達は頑固で、身勝手、約束を守ることができません。

人々のイエスに対する態度は反逆的か、無関心のどちらかです。それが聖書の言う原罪、‟的外れ” なのです。

聖書では罪からくる報酬は死、ここでいう死とは神から離れている状態であると書かれています(ローマ6:23)。 私達がいくら自分の力で神に近づこうとしても、必ず失敗に終わるのです。罪をもったままでは、神の目には良しとされないからです。

この図は、私達と神との間にある大きな溝を表わしています。上に向かっている矢印は、神に近づこうとする私達の努力です。意味のある人生を探している姿でもあります。私達は良い行いをしようとし、哲学を学び、宗教活動、修行をします。しかし罪の問題は解決できません。

ポイント3:

イエス・キリストは、私達の罪のために神から与えられた解決です。
イエスを通して、私達は神の愛と人生の目的を知るのです。

イエス・キリストは人の不完全さ、罪のために、神が与えた解決です。イエスは、私達の罪のために身代わりに、十字架上で代価を払い、神と人との間にある問題を解決されたのです。

自分の力で一生懸命、神に近づこうとするのではなく、イエスを神を知る唯一の道だと信じ、受け入れるだけでいいのです。イエスはこう語っています。 「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません 」(ヨハネ14:6)

イエスはただ私達の罪のために死んだだけではなく、死からよみがえりました(1コリント15:3‐6)。私達にまた、永遠のいのちを与えると約束しているのです。イエスの復活は、イエス自身が神のひとり子であるということ、そしてイエスを通してのみ、創造主なる神を個人的に知ることができるということを、証明しています。

ポイント4:

私達はイエス・キリストを救い主と信じ、受け入れる必要があります。その時、神の愛と人生の目的を知り、体験することができるようになります。

「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった 」(ヨハネ1:12)

信仰によってイエスを受け入れるのです。「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです 」(エペソ2:8、9)

イエスを受け入れるとは、イエスが語った言葉をそのまま信じるということです。聖書の言葉が、あなたの人生を導いてくれるように願ってください。その時、あなたの人生はまったく新しいものに、造り変えられます。(ヨハネ3:1‐8)

イエスはこう語っています。「見よ。わたしは、戸の外にたってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」(黙示録3:20)

このイエスの招きに、あなたはどう答えますか?

これら二つの円について考えてください。

自分で管理する人生
自分自身がコントロールセンターに座っています。
イエスは、あなたの人生の外側にいます。
全てを自分自身でコントロールしようとしますが、人生思い通りにはいきません。

イエスが導く人生
イエスが人生のコントロールセンターにいます。
イエスに聴きながら、決断するようになります。
イエスはあなたを愛し、あなたにとっての最善へと導きます。

どちらの円が、あなたの今の人生を表わしていますか?
もし選ぶなら、どちらの円のように、人生がなってほしいですか?

個人的にイエスを知る:

創造主なる神に、あなたが本来あるべき姿に造り直してもらうように願うことは、人生で最も重要な決断です。イエスが神のひとり子であり、私達の罪のために十字架で死なれたと、単に知識として認めるだけでは十分ではありません。

自分の罪を捨て、あなたの人生にイエス・キリストをお招きし、神が望んでいるように造り直してくれるように願うのです。イエスへの信頼が信仰であり、イエスを個人的に知るということです。神はあなたの心にある全てをご存知です。あなたが話す言葉より、神に対する心が大切です。以下の祈りを、神に祈ってみてください。

「イエスさま、あなたのことを個人的に知りたいです。あなたが、私のために犠牲となり、命を捨ててくださったことを感謝します。あなたを私の人生に迎えします。あなたが私に変える力を与え、罪の状態から救ってくださる、唯一の方だと信じます。 永遠のいのちが与えられ、創造主なる神とともに過ごせることを感謝します。私の人生を導いてください。私があるべき姿に、私を造り直して下さい」。

イエスを信じ、受け入れたとき、あなたの全ての罪はゆるされ、神の子とされるのです。あなたがイエスを信じれば、神があなたのために特別に用意された場所で、永遠に過ごすことができるとイエスは約束しています。

もしあなたがこのように祈り、イエスをあなたの人生にお迎えしたいと願ったならば、あなたはもうクリスチャンです。クリスチャンとは‟キリストにある者”という意味です。

 今イエス・キリストを信じました。(クリスチャンとしての成長に役立つページ)
 質問があります。
他の人にシェアする  

TOP