いいね  
シェア  

永遠の美を求めて

人気のファッションモデルが内面の美しさよりも、外面にこだわることを求めた果てに気づいた落とし穴について語っています。

ローラ・クラウス・カレンバーグ

有名なヨーロッパのファッション雑誌の表紙を飾るのは私にとって長い間の夢でしたが、それは現実のことになりました。信じられませんでした。雑誌に載ること、たくさんのお金を稼ぐこと、世界中を旅行することは私の夢でした。やりくりしながらの生活はもう終わりです。今はもうパリでワインやディナーを楽しみ、新しい家も手に入れて、有名になったこと、お金持ちになったことに乾杯するだけです。けれども、人生はこれがすべてなのでしょうか。

外見をよく見せることに集中する

あなたにとって美しさとは何ですか。可能なら、あなたはどこを変えたいと思いますか。19才でパリのクリスチャン・ディオールで働き始めた時、私の美に対する考えは、他の人たちが自分についてどう評価するかでした。人が私を評価して、モデルとして使いたいと依頼してくると、私は自分がきれいなのだと考えました。私が成功して、仕事があれば、きれいなのだと考えました。けれども、他の人たちが私のことをどう考えるか、他の人たちの見方によって自分の評価が決まるというのは、危険な思考方法です。

-私が自分をきれいだと考えるもうひとつの理由は、だれと関わっているかでした。私は最も人気のある雑誌に載っている最もきれいな女性たちと一緒に働きました。彼らは私の友人であり、同僚だったので、私は自分もきれいに違いないと考えました。

また、私に魅力を感じてくれる男性によって、私は自分の外見に自信を持つことができました。たくさんのハンサムで知的で成功した男性たちが私を追いかけてきたので、私は自分がきれいだと考えました。私は人気があって、たくさんの友人がいました。成功するたびに、私は人の目に留まり、いろいろなパーティに誘われ、行きたい所どこにでも行くことができました。これらの友人やこれらの場所を考えると、自分はきれいに違いないと考えました。

その結果、私はとても自分中心な人間になり、自分中心の生活をするようになりました。自分の時間を自分のために使い、自分のことだけを考えていました。「私」「私自身」「私のこと」これが私のお気に入りの3つの言葉でした。私の人生は、自分の外見に集中することに費やされました。自分の体重、髪型、服装、そして全体的に見て、魅力的であるかどうかばかり考えていました。

私は日本でモデルの仕事を2か月したことがあります。毎日、人が私のためにすべてのことをやってくれました。靴のヒモを結ぶことさえ、してくれました。服を着る時、だれかが私のドレスとコートを持ってくれました。私ひとりの仕事のために、3人があてがわれました。このような扱いは、私の自己中心性と自分が立派な人間であるように考えさせるには十分でした。

外見に潜む落とし穴

私は仕事中毒にもなっていました。次の日は仕事があるという保証はないので、1週間に7日間、働きました。私の外見もいつか変わってきます。ですから、私はすべての仕事を引き受けました。昼間ドイツで働き、夜はパリでの仕事のために飛行機で移動し、そして翌朝にはドイツに戻るというようなこともしました。私は自分の持っているものを失うことを恐れていたので、何とかそれを守ろうとしました。ですから、どんな仕事でも、頼まれれば、全部引き受けました。

その結果、私は消耗して病気になってしまいました。ある日突然撮影中に気を失って、ひざをケガしてしまいました。人生で初めて私はベッドに伏さなければならなくなったのです。仕事ができないことは、とてもつらい経験でした。なぜならそれがたったの2週間であっても、自分が出演する予定のプレタポルテのショーに出られなかったからです。14のショーをキャンセルせざるを得ませんでした。私は激しく揺れ動きました。

-けれどもある日ベッドに横たわっていた時、自分の人生について振り返り、自分が何に価値を置いているのか、美についてどのような考えを持っているのか、自分の内面はどうであるかについて考え始めました。

私は自分の美についての見解が正しくないことに気づきました。たとえば、自分の外見は変わることに気づきました。私の掲載された雑誌や切り取りページは、とても回転の早いもので、すぐに次の号に変わりました。雑誌の写真を撮るために何時間も費やしても、私の代理店は6か月以内に、それをもう流行遅れとして処分してしまいました。そのようなスピードにいつも私はついていこうとしていました。

また私は、若い時にたくさんのお金を稼ぐことはよいことであっても、それを管理することの大変さを知りました。同時に、人はなぜ私を気に入ってくれるのか、疑問に感じ始めました。もし、私の外見が違っていたり、違うことをしていたり、お金を持っていなかったりしても、私のボーイフレンドは私のことを愛してくれるのだろうか。

私は自分の仕事が最高潮に達していた時も、これらの疑問が私を襲っていました。私は自分の人生が浅薄であることに気づき、むなしく感じ始めました。自分の欲しいものは全部得ることができても、何かが足りないことに気づきました。私が受けた成功も注目も、私が心の奥深くに感じたむなしさを満たすことはできませんでした。

何が起こったのだろうか?私の優先順位は何だろうか?だれのために、そして何のために私は生きているのだろうか?

外見についての不安

私は自分の人生を安心できるもので建て上げてこなかったことに気づきました。時代の風潮やボーイフレンドの考えることやどれだけお金を稼いだか、どれだけ人気があるのかに集中してきました。砂の上に人生を建て上げてきたことに気づきました。

私は自分が育ったインディアナにいた時に経験した特別な出来事について思い出しました。「間違った場所に愛を求めて」という歌がありますが、私のクラスメートが私を教会のコンサートに誘ってくれたことは、私にとっていい経験となりました。そこには十代の男の子が半分ぐらいいて、大きな教会だったので、私はきっと楽しいだろうと考えました。

けれども、私は神を必要であるとは考えませんでした。信じたからと言って、どうなるんだろう。両親は離婚調停中でしたし、彼らの信仰が彼らを助けているようには思えなかったからです。

けれども、コンサートでは音楽以外にメッセージがあり、そこで語られたことは、私の心を打ちました。コンサートの終わりにミュージシャンがグッドニュースについて話したいと言いました。私は最初、彼らの最初のレコードの販売の話かと思いました。けれども、彼らは神が私たちを愛しておられることについて話したのです。

-彼らはイエス・キリストを通して持つことのできる神との関係について話しました。私の罪のために十字架で犠牲となるために御子が送られたことによって、神がいかに無条件で私を愛しておられるのかについて話しました。無条件の愛、なんてすごいんだろうと私は思いました。私は自分が間違ったことをしたことがあると認めることはできましたし、神の求める基準に到達していないこともわかっていました。ミュージシャンは私が神の好意を得るために何かをする必要はないと言いました。イエス・キリストを通して、神の愛と赦しの賜物を受け取ればいいということでした。

その夜、私はキリストに私を赦してほしい、私を変えてほしいと短く祈りました。そして、自分の人生をキリストのためにささげ、キリストに仕えると言いました。私の人生にキリストをお迎えし、関係を持つことができるようにお願いしました。

あれから何年もたって、今私はパリでそのことを振り返っているのでした。人生の本当の意味を見失った今、どのようにしてあの時の決心に戻ることができるのでしょうか。私は神との関係をないがしろにして、自分のやりたいように生きてきました。むなしく感じるのは当然です。私は神に自分のために生きてきたこと、他の人たちから認めてもらおうとしたことについて赦しを願いました。私は神にこう言いました:「私を変えてください。本当の美しさについて教えてください。」

神が最初に示されたことは虚栄についてでした。私は長い間、そのことについて葛藤してきました。アメリカでは、年間200億ドルが化粧品に使われ、3億ドルが美容整形に使われ、330億ドルがダイエット食品に使われています。どれだけ多くの額が外見のために使われているかを表しています。虚栄は美ではありません。

これに関する私の弱さは、すぐに他の女性と自分の外見を競おうとすることでした。嫉妬は私が処理しなければならない問題でした。自分がありのままでいること、神が私をそのように造られたこと、神が私の外見や行ないにかかわらず、愛してくださっていることに安心感を得ることを学ばなければなりませんでした。

不安でいることは美ではありません。不安だと友人を得ることも、友人になることも難しくなります。不安だと人からほめてもらわないと気分よくなれないと考えてしまいます。

美しさの定義—本当の美しさ

美とは何でしょう。それは外見のことではありません。それは心の中に見つけられるものです。謙遜は私の仕事上は、そんなに必要とする要素ではありませんが、謙遜は美しいものです。安心感、自負心は美しいものです。神があなたを愛し、受け入れておられるのを知ると、神はあなた個人に良きものをもたらしてくださることがわかり、そのことはあなたの人生に安心感と自負心を与えます。そうすれば、あなたは自分自身を愛し、欠点も受け入れることができるようになります。

キリストの赦しがなければ、私たちはその罪で内部が醜いものになってしまいます。平安を持つことができなくなってしまいます。世界中のありとあらゆるこれらを「覆い隠そうとする」治療法は、何も変えることができません。神はすべてのことをお見通しで、他の人たちもそのうちそれに気づいてきます。キリストだけが私たちを神の御前に美しいものに変えることができます。本当の内なる美しさは、生活の中に神を中心に置くことによって始まり、それが外見にも現われてくるのです。

イエス・キリストは私の人生を変えてくださったと言うことができます。キリストに従うという決心をしたことを、私は決して忘れないでしょう。あなたもキリストを人生の中にお迎えしてみませんか?イエスは招いておられます。「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」(ヨハネの黙示録3:20)

あなたは今、信仰によって、祈りを通してキリストを受けることができます。神はあなたの心の中をご存知で、心の態度を見ておられるので、あなたの言葉についてはそんなに気にかけておられません。下に私が祈った祈りがあります。あなたの心の中を表現しているかもしれません。

主イエス様、私はあなたを必要としています。私の罪のために十字架で死んでくださってありがとうございます。私は自分の人生にあなたをお迎えして、あなたを私の救い主として受け入れます。私の罪を赦してくださり、永遠のいのちを与えてくださって感謝します。私の人生を支配して、私をあなたの望むように変えていってください。

もしこの祈りがあなたの心の願いを表すものであるなら、今、この祈りをしてください。キリストは約束されているように、あなたの人生に入ってくださるでしょう。

 今イエス・キリストを信じました。(これからの成長に役立つこと)
 イエス・キリストを信じたいと思いますが、もう少し詳しく教えてください。
 質問があります。

2001 © Laura Krauss Calenberg

ローラ・カレンバーグはニューヨークのファッションモデルです。彼女はモデルとして、22か国で仕事をし、多くの雑誌の表紙を飾りました。その中には、マリー・クレール、コスモポリタン、ブリオなどがあります。また、サクス、ニーマン・マルカス、ハネスの広告にも関わりました。彼女は同じくモデルのジェフ・カレンバーグと結婚し、ふたりの子どもがいます。

Photos: 1,3 - Michael Goldman; 2 - David Sacks

他の人にシェアする  

TOP